株式会社ビッグオー主催。「婚活教育コーチ」キャンペーン開始

現代の日本では“結婚がしたい”と願っていても、
その想いを叶えられない人は年々増える一方です。
そして昨今、婚活ビジネスは右肩上がりで急成長を続けています。

結構相談所や婚活パーティーがブームとなっていますが、
それでも、男性の未婚率は、30歳~34歳では、47・3%。
女性の未婚率は、30歳~34歳で、34・5%

30歳~34歳の男性では、2人に1人が未婚。

同じ年齢層の女性では、約3人に1人が未婚というデータが発表されています。
※20歳~59歳の未婚者数人口統計データ(平成22年国税調査)

“結婚をしたい”と願う未婚者市場の増加と合わせて、
出会いの場を提供する「結婚相談所」や、

異性にモテるための方法を教える
「恋愛コンサルタント・スクール」は増える一方、

「結婚するために必要なコミュニケーションスキルを学ぶ」という
“婚活教育機関”はほとんどありませんでした。

この巨大ニッチ市場“婚活教育市場”に着目したのが、
一般社団法人日本婚活教育協会代表理事の佐藤セルゲイビッチ氏。

婚活教育事業を始める前は、
年収360万円のごく普通の人材派遣会社で働くサラリーマンでしたが、
婚活教育コーチとしてビジネスを開始したことで…、

と、まさに右肩上がりの成功を収めました。
そして、労働時間を変えず、売上を伸ばす仕組みを構築したことで

3年目からは飛躍的に売上が上がり続け、
5年目となる2015年には年商1億円を突破しました。

一方、日本全国にいる

未婚者は2,184万人と巨大市場であるがゆえに、
佐藤氏一人では対応しきれません。

そこで…、この“婚活教育事業”を
一人でも多くの方に知ってもらいたい

その思いからキャンペーンが発足しました。

http://pl001.jpn.org/kekkonlp/lp02/

佐藤セルゲイビッチ

結婚の学校(商法登録済)理事長

非営利型一般社団法人 日本婚活教育協会 代表理事
結婚の学校(商法登録済) 理事長
ロイヤルオブベテルブルグ株式会社 代表取締役社長

1977年12月19日生まれ 栃木県出身 神奈川県在住
趣味: オーケストラ歴25年(TUBA)、旅行(世界30カ国)、
レーシングドライバー(フォーミュラ、ポルシェ)

28歳の時に旅行先の東ヨーロッパで出会った
妖精のような白人美女に魅了され国際結婚を志す。

その後3年間300万円の時間とお金を使い、
ウクライナ人、ロシア人との交際を繰返す。

最終的には子供の頃からジャッキー・チェンと
結婚したいと言っていた現役モデルとして
雑誌の表紙を飾るなど活躍していた現在のロシア人妻と結婚する。

言語も文化も習慣も全く違う外国人女性を
射止めていく課程で、男性の魅力の見せ方、
女性の愛情の引出し方など、男女の交際や恋愛に
関心を持ち膨大な時間を研究に注ぎ込む。

恋愛マインド、コミュニケーション学、恋愛心理学などを学び、
ドイツ、イギリス、フランス、モナコ、イタリア、スペイン、
ロシア、ウクライナ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、
アジア各国を飛び回り、様々な業界の第一人者たちから
直接指導を受け、日本人男性向けの独自ノウハウを確立する。

恋愛経験の少ない男性でも成果が出るメソッドを、
恋愛に臆病になっている男性や、女性との関係作りに
コンプレックスを感じている男性に指導を行い、
多くの男性の人生を変える活動を行っている。

2010年から理想と現実のギャップに苦しんでいる
男性のサポートをおこなうことを目的にメルマガ、ブログを開始。
累計メルマガ読者は30,000人(まぐまぐ殿堂入り)

読者の悩み相談、個別相談、体験スクールで生の声を聞き、
日本人男性の生涯未婚率を下げることを目的に活動することを宣言。
多くの独身男性に幸せな結婚をしてもらうこと。
また、その先にある目的としては、
子供をたくさん作ってもらい日本を元気にしたい。
少子高齢化で衰退する日本の力を回復させたいとの想いを抱いている。

2011年に「金髪美女と結婚できた理由」を出版。
2015年に「だからタカシは結婚できない」を出版。
2015年より東京の人気ラジオ局レインボータウンFMのスポンサーとなり
冠番組「佐藤セルゲイビッチの結婚の学校」を毎週放送。

そのほか、テレビ出演、雑誌の取材など多数のメディア出演をおこなっている。